/

この記事は会員限定です

JR東、駅ナカに「野菜工場」 新興勢も節電節水競う

[有料会員限定]

野菜を栽培する都市部の「工場」が増えている。JR東日本は独インファームとスーパー店内で栽培し、「駅ナカ」での展開も検討。国内新興勢は大規模化に動く。データで栽培環境を制御し、環境負荷も低減。米グーグルの親会社・米アルファベットの投資部門なども新興勢に投資する。

東京都足立区のスーパー「サミットストア五反野店」で、1月から風変わりなレタスなどが販売されている。店内に置かれた大型ケースの中で、白色の光...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン