/

曙ブレーキ、検査データ不正11万件 トヨタや日産向け

曙ブレーキ工業(東京都中央区)

自動車部品大手の曙ブレーキ工業は16日、国内工場で製造するブレーキとその部品で検査データの改ざんなど約11万4000件の不正行為があったと発表した。不正検査があった部品のうち、自動車メーカーと取り決めた基準値に達しなかったものは約5000件あった。トヨタ自動車日産自動車など10社に納入していた。曙ブレーキは「再検査の結果、製品の性能に問題はないと判断した」としている。

不正は国内4工場の全てで確認された。検査データを改ざんしたり、実施していない検査のデータを記載したりしていた。自動車メーカーとの間で取り決めた定期的な検査のデータが約19万件あり、そのうちの6割が不正だった。調査の結果、不正は少なくとも2001年からあったことがわかった。曙ブレーキは19年9月に私的整理の一種である事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)の再建計画が銀行団に承認され、経営再建の途中だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン