/

この記事は会員限定です

ウイングアーク上場 業務用ソフト、SaaS型ビジネス模索

[有料会員限定]

帳票作成ソフトなどを手掛けるウイングアーク1stが16日、東証1部に上場した。同社は2010年にジャスダックに上場したが、同時期にソフトをクラウド経由で提供するSaaSが台頭。競合に押される懸念がありMBO(経営陣が参加する買収)で13年に上場廃止し、SaaS型のビジネスを模索してきた。今後は企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)需要の開拓に力を入れる。

同社の主力製品のひとつが請求書や見積書など帳票のフォー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り769文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン