/

NRI、DX向けシステム開発の技術支援

野村総合研究所(NRI)は16日、アプリケーション仮想化技術である「コンテナ」の管理ソフト「クーバネティス」の技術サポートサービスを開始すると発表した。コンテナやクーバネティスを使うことで、企業はアプリケーションを素早く開発したり、運用作業を効率化したりできるという。デジタルトランスフォーメーション(DX)向けのシステムに適した技術とされており、NRIはDXを推進したい企業に同サービスを売り込む。

NRIはコンテナやクーバネティスを使ったシステムの設計から構築までを手がける。既にコンテナなどを活用したシステムを運用している企業に対しては、設計の妥当性を検証したり、年間の技術サポートを提供したりする。(矢口竜太郎)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン