/

バンダイ系、新作ロボットアニメ「境界戦機」

アニメ「境界戦機」を秋から展開する©2021 SUNRISE BEYOND INC.

バンダイナムコホールディングスは16日、独自の新作ロボットアニメを秋から展開すると発表した。グループ傘下の玩具会社と映像制作会社が一体となって、アニメの企画から携わる。関連するプラモデルやフィギュアなどを販売する予定だ。

傘下のBANDAI SPIRITS(東京・港)とSUNRISE BEYOND(東京都西東京市)が共同で、秋にオリジナルのロボットアニメ「境界戦機」を展開する。SUNRISE BEYONDはアニメ制作のサンライズの子会社でオリジナル作品としては初。

アニメ「境界戦機」のプラモデルのイメージ©2021 SUNRISE BEYOND INC.

ロボットのデザインは工業デザイナーが担当、実際に動くことを想定し機能性を追求した見た目が特徴だ。関連商品として、大人向け商品を販売するBANDAI SPIRITSが、ロボットのプラモデルやフィギュアを販売する。

アニメ「機動戦士ガンダム」はグループの主要なキャラクターの一つで、年間売上高は780億円ほどだ。強みであるロボットアニメと関連商品で、顧客獲得を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン