/

この記事は会員限定です

「勝負の3週間」 人出の減り鈍く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大防止で政府が集中的な注意喚起を呼びかけてから16日で3週間がたった。その間の人の動きのデータを主要な都市で調べると繁華街などでの人出の減りが鈍いことがわかる。経済を回しながらの実効性ある感染対策はなお手探りだ。

西村康稔経済財政・再生相は11月25日の記者会見で「感染拡大を抑えられるかどうか大事な3週間」と述べ、その後の期間を「勝負の3週間」と位置づけていた。

ドコモ・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り884文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン