/

この記事は会員限定です

EVシェアのレクシヴ、東芝などと仮想発電所 

総額7.4億円調達

[有料会員限定]

電気自動車(EV)のシェアリング事業を展開するREXEV(レクシヴ、東京・千代田)は東芝などと組み、再生可能エネルギーや蓄電池などを束ねて1つの発電所のように運営する「仮想発電所(VPP)」の構築を本格的に始める。EVの電池にためた再生エネの電力を需要が増えた時に利用できるように、自社システムで制御するEVと電力系統との需給を調整する。

VPP開始に向け、ジャフコグループや三井住友ファイナンス&リース、東芝などから約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り480文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン