/

この記事は会員限定です

小規模クリニックに都市部の勤務医をつなぐ

同業者への譲渡(4) 日本M&Aセンター執行役員谷口慎太郎氏

[有料会員限定]

中国地方で眼科クリニックを営む70代の理事長が今年、都内の30代勤務医に事業を承継しました。活用したのは当社が運営するマッチングサービス「医新伝診」です。後継者を探しているクリニックが専用サイトで売り上げや譲渡希望金額、スタッフ数などを登録し、継ぎたい医師が応募する仕組みです。

当社は医療・介護機関の専門部署があり、法務や会計などの専門家とともに譲渡の資金スキームづくりや事業計画の策定をお手伝いし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中小企業が事業承継を行う上で、どのような計画が必要でしょうか。 後継者探し、相続税や贈与税といった税金など、課題は少なくありません。 このコラムでは、実例や当時の経営者の考え方を踏まえながら、事業承継で失敗しないための対策について考えていきます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン