/

この記事は会員限定です

伊藤忠など、大型バイオマス稼働 千葉で5万キロワット

[有料会員限定]

伊藤忠商事が大阪ガスや三井E&Sエンジニアリングと組み千葉県内に建設したバイオマス発電所が17日、稼働する。出力は約5万キロワットと、100%木質バイオマスを燃料とするものとしては国内有数の大型設備となる。新型コロナウイルス禍や大型台風などに見舞われたものの、当初の予定から大きく遅延せず稼働にこぎ着けた。世界的な脱炭素の流れに対応する。

千葉県市原市にある三井E&Sホールディングス(HD)の千葉事業所内に建...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン