/

この記事は会員限定です

災害ドローン「平時も活用を」 専門家が語る今後の課題

[有料会員限定]

東日本大震災から10年がたったが、その間、救命ドローンなどを開発する企業が多数生まれた。災害で活躍するドローンを社会実装するためには何が必要か。ドローンに特化したベンチャーキャピタル(VC)、ドローンファンド(東京・渋谷)の千葉功太郎代表パートナー、ドローンの民間団体で理事長も務める東京大学の鈴木真二特任教授、土砂災害時などにドローンを活用する防災科学技術研究所の酒井直樹総括主任研究員に話を聞いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1452文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン