/

この記事は会員限定です

芝浦機械、相模工場の一部を物流施設に 三井不と開発

[有料会員限定]

芝浦機械(旧東芝機械)は18日、金属加工機などを製造する相模工場(神奈川県座間市)の一部を大型物流施設に転換すると発表した。2021年秋から、敷地の約4割を使い三井不動産と共同で物流施設を開発する。

相模工場の敷地面積約14万平方㍍のうち、南側の6万3000平方㍍の土地に物流施設を建設する。総事業費は明らかにしていない。同敷地は国道246号に面しており、横浜市や川崎市へのアクセスに優れた利点を生かし、インターネット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン