/

この記事は会員限定です

日本企業も「循環経済」、欧米スタートアップと連携

イオン、容器の再利用システムに参加

[有料会員限定]

日本企業が欧米のスタートアップと、資源の無駄をなくす「サーキュラーエコノミー(循環経済)」を意識した取り組みを広げている。イオンは容器の再利用システムに参加する。循環経済の効果は約500兆円になるとの試算もある。新興のノウハウを活用し脱炭素を深掘りする。

イオンは米テラサイクルが春以降に始める容器再利用システム「Loop(ループ)」に参加し、東京都や千葉県の総合スーパー(GMS)約20店で運用する。ステ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン