/

この記事は会員限定です

担い手不足のコメ農家、巻き返しの秘策は「直まき」

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

国内農業は生産者の減少と高齢化が深刻だ。課題を解決する省力化の手段として期待されるのが、種を水田に直接まく「直まき(じかまき)栽培」。コメの作付面積が新潟県に次いで全国で2番目に広い北海道では直まきに適した品種が相次いで誕生し、稲作の次代を担う存在になれるか注目を集めている。

限られた人手で大規模化

「限られた人手で大規模化していくには、省力化できる直まきを取り入れることが欠かせない」。札幌と旭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン