/

ヤフー 立体画像でオークション出品可能に 

ヤフーはスマートフォン用のオークションアプリ「ヤフオク!」で、出品物の画像を立体的に表示する「マルチビュー機能」を追加した。出品者が複数の角度から撮影した画像に、ヤフーの独自技術を組み合わせて自動で立体化する。立体画像の撮影に通常は必要となる機材も不要にした。ヤフーの社内ハッカソンで開発した技術を応用した。

マルチビュー機能の利用は無料。スマホアプリのみで利用できる。オークション出品者は「ヤフオク!」アプリから「マルチビューで撮影」をタップする。アプリの指示に従い、多角度から商品を撮影する。落札希望者はアプリからマルチビューで見ることができる商品を選び、左右にスワイプすると商品を立体画像で確認できる。

出品物をアプリの指示に従って多角度から撮影する

マルチビュー機能は、スマホ基本ソフト(OS)であるiOSとアンドロイドの拡張現実(AR)技術のソフトウエアを活用して開発した。静止画に特別な計算・画像処理を施し、立体画像にする。通常は立体画像の撮影に必要なターンテーブルや専用のカメラを不要にし、利便性を上げる。

ヤフオクでは出品物の静止画を10枚まで投稿できる。家具やスニーカー、フィギュアなどでは特に商品を様々な角度から見て入札を決めたいとのニーズがあり、需要を見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン