/

ヴィアHD、私的整理へ コロナで財務悪化受け

(更新)

居酒屋チェーン中堅のヴィア・ホールディングスは15日、2020年12月に私的整理の一種である事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)の利用を第三者機関の事業再生実務家協会に申請し、受理されたと発表した。新型コロナウイルスの影響で居酒屋の不振が続き、財務基盤が悪化していた。新型コロナ禍で外食の上場企業がADRを申請するのは初めてとみられる。

2020年12月10日に申請し、同日付で受理された。借入金の返済猶予を金融機関に求め、4月までに事業再生計画の決議を目指す。

同社は緊急事態宣言などによる外出自粛で業績が低迷。20年12月時点で26億円の債務超過に陥った。同社はこれまでも約50人の早期希望退職を募集したほか、全店の1割強にあたる約50店を閉鎖するなど収益力の改善に取り組んでいる。だが、新型コロナの長期化によって、ADRで透明性の高い事業再生計画を策定する必要があると判断した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません