/

この記事は会員限定です

リーガルフォース、30億円調達 契約書点検精度向上

「法務テック」の拡大追い風に

[有料会員限定]

人工知能(AI)を使った契約書点検システムのリーガルフォース(東京・千代田)は、第三者割当増資などで30億円を調達した。システムの点検精度の向上などに力を入れる。テレワークに伴う「脱ハンコ」の動きなどで契約書作成を効率化する支援ソフトウエアの需要は高まっているのに対応する。

ジャフコグループ、WiLなどのベンチャーキャピタル(VC)が引受先となる増資と、日本政策金融公庫からの借り入れを組み合わせ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン