/

この記事は会員限定です

「このままでは生活できない」 労組に寄せられる悲鳴

コロナ下の労使交渉(2)

(更新) [有料会員限定]

「このままでは生活できません」。航空大手の労働組合を束ねる航空労組連絡会の事務局次長、竹島昌弘のもとには、組合員の悲鳴が毎日のように寄せられる。直近のアンケート調査では「生活がかなり苦しい」との回答が3割に上った。

新型コロナウイルスの影響で便数が激減した航空業界。客室乗務員の手取りは、搭乗便数で額が決まる乗務手当や距離手当が4割を占めるため、足元では20万円に届かないケースも多い。全日本空輸(A...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り767文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン