/

この記事は会員限定です

専門医、重症病床数に見合わず 自治体間の融通も必要

[有料会員限定]

医療施設と人材のミスマッチが新型コロナウイルス重症者の受け入れ余力の低下を招いていることが分かった。欧米と比べて病床数が極端に少ないわけではなく、重症者の人数そのものは欧米より少ない。それなのに綱渡りの状況が生まれている。背景をより詳しく分析してみた。

「通常診療を縮小せざるをえなくなった」。川崎市にある聖マリアンナ医科大学病院。大坪毅人病院長はコロナ重症者の受け入れ増加で治療現場の最前線が危機的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン