/

ユーグレナ、バイオジェット燃料完成 21年中に販売

think!多様な観点からニュースを考える
ユーグレナは15日、同社が開発を進めてきたバイオジェット燃料が完成したと発表した

ユーグレナは15日、同社が実証実験を進めてきたミドリムシ由来のバイオジェット燃料が完成したと発表した。これまで車や船舶などにバイオディーゼル燃料を供給してきたが、2021年内にもバイオジェット燃料を供給する。ユーグレナは25年にバイオ燃料の商用プラントを稼働する予定で、稼働前に原料調達から燃料供給までの供給網をつくりたい考えだ。

ユーグレナは、米シェブロンの関連会社などと共同でバイオ燃料を開発した。国際認証機関であるASTMインターナショナルの認証を受けた技術を使用してきたが、ジェット燃料として完成したのは今回が初めて。燃料自体の認証も取得している。21年中に航空運送事業者に販売する予定だ。

ユーグレナは新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証事業を通じ、インドネシアで藻の大量培養を進める。足元では横浜市の実証プラントでバイオ燃料製造しているが、25年には2000倍の生産能力をもつ商用プラントを建設する予定だ。原料調達から燃料販売先までの供給網の構築を急ぐ。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン