/

ドラッグストアでドライブスルー 10Xと薬王堂

スーパーなど小売りチェーンのデジタル化支援を手がける10X(テンエックス、東京・中央)は薬王堂と組み、ドラッグストアのドライブスルーアプリの提供を始める。テンエックスはこれまでセブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂などにEC(電子商取引)アプリを提供している。顧客層を広げ収益拡大を狙う。

10Xは薬王堂のドライブスルーアプリの提供を始める

テンエックスが開発した薬王堂のアプリの名称は「P!ck and(ピックアンド)」。薬王堂で販売している食品、日用品、第一類を除く医薬品をアプリ上で注文・決済すると、駐車場で車から降りることなく商品を受け取ることができる。駐車場ではなく店頭での受け取りを選択することもできる。

利用者は注文から最短2時間で商品を受け取ることができる。1注文あたり220円の手数料がかかる。

薬王堂は岩手県を中心に東北6県に店舗を持つ。2020年12月から非接触のPCR検査サービスを開始しておりコロナ対応に力を入れる。ピックアンドの提供を通してコロナ感染リスクを抑えながら買い物をしたい消費者のニーズに応える。

テンエックスの矢本真丈最高経営責任者(CEO)は「今後は自宅配送にも取り組みたい」と説明しており、車での買い物が難しい高齢者の需要も取り込む。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン