/

この記事は会員限定です

フリーランス保護指針に賛否 安全網不十分との指摘も

[有料会員限定]

政府が今春正式決定するフリーランス保護のガイドライン(指針)。その原案に対する評価が割れている。フリーランスを自営業者とみなし独占禁止法などで保護する内容で、取引条件適正化への期待は大きいが、実態が労働者に近い俳優や料理宅配員には、セーフティーネットの議論が抜け落ちていることへの不満が強い。多様なフリーランスの実態に合わせたルールづくりが求められている。

指針案は2020年12月、厚生労働省や公正...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン