/

この記事は会員限定です

コロナ下でも米中スタートアップ投資が活況

緩和マネーが後押し、テック企業に追い風

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下でも米中でスタートアップ投資が活況を呈している。2020年の米国のベンチャーキャピタル(VC)の投資額は19年比13%増の1562億ドル(約16兆2000億円)と過去最高。業種別では医薬や企業向けサービスへの投資が目立つ。中国も2年ぶりにプラスに転じた。低金利を追い風に成長が見込めるテック企業にマネーが集まる構図が強まっている。

全米ベンチャーキャピタル協会(NVCA)と米調査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン