/

この記事は会員限定です

富士フイルム3年で投資1.2兆円 稼ぎ頭、医療分野に交代

GE・シーメンス追う

[有料会員限定]

富士フイルムホールディングス(HD)は15日、2023年度までの新中期経営計画を発表した。ヘルスケア(医療)を軸に3年間で1.2兆円と過去を大きく上回る成長投資を実施する。医療の連結売上高は8600億円を見込む。事務機関連を抜き最大の収益源になる。米ゼネラル・エレクトリック(GE)など海外の医療の巨人を追う体制を整える。

「唯一無二のヘルスケアカンパニーを実現する」。15日に都内で開かれた新中計説明会。次期社長の後藤禎一取締...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1548文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン