/

この記事は会員限定です

成長と統治どう両立?スタートアップ社外役員事情を探る

支援側、上場企業、予備軍の3社インタビュー

[有料会員限定]

スタートアップでガバナンス体制を整える際は、「急速な成長との両立」という一般の上場企業とは異なる課題がある。上場を目指す企業で社外取締役や社外監査役をそろえる際の注意点はどこにあるのか、実務はどう進めていくのか。スタートアップ支援会社シニフィアン(東京・港)の小林賢治共同代表、そして上場したばかりのビートレンドの井上英昭社長、上場予備軍のラフール(東京・中央)の結城啓太社長の3人に話を聞いた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン