/

イオンシネマ、10都府県で営業時間を短縮 

イオンエンターテイメントは10都府県で上映時間を午後8時までとすると発表した

イオンエンターテイメント(東京・港)は14日、緊急事態宣言の対象地域の拡大を受け、10都府県全45劇場で営業時間を午後8時までとすると発表した。すでに営業時間の短縮している東京、千葉、埼玉、神奈川の全22劇場に加えて、追加で宣言が発令した7府県、全23劇場で同様の措置をとる。

イオンエンターテイメントは大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡の6府県の劇場で、16日から映画の上映を午後8時までに終了する。アルコールの販売も午後7時までとする。

シネマコンプレックス(複合映画館)のTOHOシネマズ(東京・千代田)も16日から、東京、千葉、埼玉、神奈川に加えて、7府県の全18劇場で上映を午後8時までに終了する。

菅義偉首相が13日、7都府県に緊急事態宣言を発令したことを受け、映画館各社は対応した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン