/

この記事は会員限定です

三菱重工、香焼工場の売却に遅れ 21年以降に

[有料会員限定]

三菱重工業が進めている造船の主力拠点、香焼工場(長崎市)の大島造船所(長崎県西海市)への売却が2021年以降にずれ込む見通しとなった。19年12月に売却方針を決めたが、当初の目標としていた20年3月末までの基本合意も遅れている。三菱重工による土地の所有権の確認を巡る手続きなどが難航しており、大幅な遅れは採算悪化が続く造船事業の立て直しにも影響しそうだ。

香焼工場は創業の地である長崎市に2カ所ある造船工場のう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り380文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン