/

この記事は会員限定です

NEC、生体認証と個人IDで入退室管理や決済

オフィスビルや商業施設で

[有料会員限定]

NECは14日、生体認証と個人IDを連携させてオフィスビルや商業施設の入退室管理や決済などに利用できるサービスの提供を始めると発表した。非接触で迅速な本人確認や店舗利用時の手ぶら決済などが可能になる。クラウドサービスで月額50万円(税別)から販売する。2024年3月末までに、150億円の売上高を目指す。

新たに「Digital ID プラットフォーム」の提供を始める。顔認証などの生体認証と社員番号...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン