/

この記事は会員限定です

排出ゼロ実現へ、水素製鉄で世界に先行 日本製鉄社長

そこが知りたい「2021の針路」(1)

[有料会員限定]

2020年は新型コロナウイルスが世界経済に大きな打撃を与えた。環境分野では菅義偉首相が温暖化ガス排出量を50年に実質ゼロとする目標を表明。21年には米国でバイデン前副大統領が大統領に就き、中国と対峙する。激変する経済環境への対応策を有力企業のトップにシリーズで聞く。第1回は日本製鉄の橋本英二社長。脱炭素や中国リスクにどう立ち向かうのかを聞いた。

――日本政府が温暖化ガスの排出を実質ゼロとする目標を掲げまし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン