/

レディーフォー、遺贈寄付で三菱UFJ信託銀行と提携

クラウドファンディングを手掛けるREADYFOR(レディーフォー、東京・千代田)は相続人以外の団体に財産を残す「遺贈寄付」で、三菱UFJ信託銀行と業務提携した。レディーフォーの窓口で寄付の検討者を募り、三菱UFJ信託銀行が遺言書の作成や執行のサービスを提供する。レディーフォーで資金を募る主体は大学や非営利団体が多く、利用者に遺贈寄付先を紹介する。

レディーフォーが4月に始めた、遺贈寄付サービスのページ

レディーフォーは8日に遺贈寄付の窓口開設を発表していた。遺贈寄付では遺言によって自身の財産を寄付する人が多いという。三菱UFJ信託銀行と提携し遺言の作成や保管、執行の支援を手厚くする。主に相続者がいない高齢者を対象にサービスを展開する。スタートアップ単独では獲得できない顧客も多いとみて、大手信託銀行と提携し信頼感を出す狙いもある。

レディーフォーが紹介した団体に遺贈寄付が成立した場合、団体から寄付額の10~15%程度を手数料として受け取る。三菱UFJ信託銀行を皮切りに、地銀など複数の金融機関とも提携を加速させたい考え。遺贈寄付の国内市場は年間500億円規模と見積もり、2030年までに約6000億円に拡大すると見込む。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン