/

この記事は会員限定です

慶応大VC、2号ファンド運用額100億円に 

投資対象拡大、上場近い企業にも

[有料会員限定]

慶応義塾大学が設立したベンチャーキャピタル(VC)の慶応イノベーション・イニシアティブ(KII、東京・港)が2020年1月に立ち上げた2号ファンドの運用額が103億円に達した。新たに中小企業基盤整備機構や三菱UFJ銀行などが出資し、20年5月時点の60億円程度から6割強増えた。慶応大の技術や研究と関わりが無いスタートアップにも投資する。

運用期間は30年までの10年間。医療やデジタル分野のスタート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン