/

日本オラクル、新たな事業ビジョンを策定

日本オラクルは14日、事業戦略説明会を開催し、新事業ビジョン「トラステッド・テクノロジー・アドバイザー」を発表した。1日付で社長に就任した三沢智光氏は「テクノロジー企業である当社は顧客を先導しなければならない。これまで以上に信頼を得て、顧客のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援していく」と語った。

顧客の信頼を得るため、オラクル製品を活用して実現した社内のDX事例を積極的に発信していく方針を示した。日本オラクルは契約書の9割以上をデジタル化し、なつ印業務をほぼ廃止したほか、業務の自動化を進めることで四半期決算を16日間で発表できるようにしたという。湊宏司副社長をデジタル改革担当役員に任命し、自社のDXを推進するとともに、社内事例で得たノウハウを顧客に還元していく意向だ。(矢口竜太郎)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン