/

この記事は会員限定です

関電など、石油元売り各社に重油提供要請 電力逼迫で

[有料会員限定]

全国で電力が逼迫する中、電力各社が燃料確保を急いでいる。関西電力などは、石油火力発電所で使う重油燃料の確保のため、ENEOSホールディングス(HD)といった石油元売り各社に燃料の提供を求めた。発電所で使う液化天然ガス(LNG)の不足を補う狙いだが、元売り側も備蓄に余裕がなく、専用の輸送船がすぐには用意できないなどの課題もある。

「今後も予断を許さない状況だ」。大手電力で構成する電気事業連合会の池辺和弘会長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン