/

この記事は会員限定です

戸田建設や三菱化工機、下水汚泥から水素生成

[有料会員限定]

次世代の脱炭素燃料として注目される水素を、下水汚泥から生成する取り組みが広がってきた。下水道の水処理時に発生する下水汚泥は生物由来のバイオマス資源のため、生成時に排出する二酸化炭素(CO2)は実質ゼロとみなせる。国土交通省が資源活用を促しており、企業が地方自治体と共同で事業化するケースが増えている。

トータルコスト安く

戸田建設は4月、水素製造を手掛けるベンチャー企業のジャパンブルーエナジー(東京・港、J...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン