/

東北新幹線運休で臨時バス、JR東系 JAL・ANAは臨時便

(更新)

JR東日本系のジェイアールバス東北(仙台市)は14日、福島沖で発生した地震の影響による東北新幹線の運休に伴い、仙台市内と首都圏を結ぶ高速バスで臨時便を運行すると発表した。日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は東北と東京や大阪を結ぶ臨時便などを決めた。ともに東北新幹線の代替輸送手段を提供する。

東北新幹線の高架内で傾いた、架線を支える電柱(14日午前11時31分、福島県郡山市)=共同通信社ヘリから

ジェイアールバス東北は午後3時に仙台を出発する便を新たに設け、通常便も台数を増やして輸送力を強化する。同社は15日も臨時便を設定する予定という。

JR東日本によると、東北新幹線は複数箇所で架線を支える電柱が傾くなどしており、14~15日は那須塩原―盛岡駅間の上下線で終日運転を見合わせる。

空の便も新幹線の運休に対応する。JALは14日、東北と東京や大阪などを結ぶ便で、臨時便の運航や機材の大型化を実施すると発表した。地震の影響で新幹線輸送などに影響が出ているため、交通の便を確保する。

臨時便として14日の羽田―青森、伊丹―仙台をそれぞれ1往復分追加で運航する。同日の伊丹―仙台、仙台―新千歳、伊丹―花巻などで一部の大型化の機材を使う。15日も臨時便を羽田―仙台で3往復、羽田と青森、山形、花巻をつなぐ路線で各2往復、羽田―秋田、仙台―伊丹で1往復飛ばす。羽田―三沢でも1往復分大型化し70席追加する。

JALの広報担当者は「今後も需要動向に応じて臨時便の設定や大型化を実施する」と、追加の対応をする考えを示した。

ANAも臨時便を設定し、機材を大型化する。15日は羽田―秋田で1往復、羽田―仙台で3往復、羽田ー福島で1往復臨時便を運航する。また14日の羽田―庄内、秋田と15日の羽田―秋田については定期便の機材を大型化し、それぞれ40~150程度席数を増やす。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン