/

この記事は会員限定です

ファミマ、伊藤忠のエースに再成長託す 社長に細見氏

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

コンビニエンスストア業界2位のファミリーマートは13日、伊藤忠商事の細見研介執行役員(58)が3月1日付で社長に就くと発表した。細見氏は伊藤忠のDX(デジタルトランスフォーメーション)改革を担うエースで、TOB(株式公開買い付け)によるファミマの完全子会社化を推し進めた。日本最強の小売業者とも言えるセブン―イレブン・ジャパンとは大きく差がひらく。リアルとネットを融合した次世代コンビニを構築し停滞を打開できる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1007文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン