/

この記事は会員限定です

NHK受信料一転下げ 23年度に1割、肥大化批判受け

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

NHKは13日、2023年度に収入の約1割に相当する受信料値下げを実施する方針を発表した。主に剰余金(内部留保)を原資にする。当初は受信料を据え置く方針だったが、菅義偉政権の要望や民放などからの肥大化批判を受け、一転、引き下げを決めた。

「今の剰余金は多すぎる。今まで(NHKに値下げの)方針があるようでなかったが、一定を超えたら全部還元する方が分かりやすい」。13日、記者会見した前田晃伸会長は説明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン