/

Microsoft社長、サイバー攻撃「脅威情報の共有を」

(更新)
ソーラーウインズのソフトの脆弱性を突いた米国への 大規模サイバー攻撃は波紋を広げている

【シリコンバレー=佐藤浩実】米マイクロソフトのブラッド・スミス社長は13日、2020年12月に米国で明らかになった政府機関や企業への大規模サイバー攻撃を念頭に「現実の脅威を理解するため、攻撃に関するデータを共有すべきだ」と指摘した。技術見本市「CES」での講演で、政府や産業が協力して対処することが「未来を守る唯一の方法だ」と述べた。

今回の問題は、ネットワーク管理ソフト大手ソーラーウインズ(テキサス州)への攻撃が発端となった。「ソーラーウインズが最初の犠牲者となり、悪質な攻撃が(同社のソフトを利用する)ほかの企業や政府機関へと広がっていった」(スミス氏)。マイクロソフトもその1社で、一部の社内アカウントが被害に遭い、ソフトウエアの設計情報にあたるソースコードが閲覧された。

米連邦捜査局(FBI)や米国家安全保障局(NSA)などはロシアの攻撃への関与を指摘している。スミス氏は「(今回の攻撃は)ある国がほかの国のコンピューターネットワークに侵入しようとしただけの事件にとどまらない」と言い、「技術のサプライチェーンに対する世界規模の大量無差別攻撃だ」と批判した。配布されたマルウエアの数は1万8000個にのぼるという。

FBIなどは今回の攻撃に関する捜査を続けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン