/

この記事は会員限定です

ファストリ、コロナ下の最高益へ 国内ユニクロが好調

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ファーストリテイリングが14日発表した2020年9月~11月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期比1%減の703億円だった。国内と中華圏の「ユニクロ」が支え、新型コロナウイルスの感染拡大前と比べても同水準の利益を保った。21年8月期通期でも、純利益で過去最高を目指す期初予想も変えなかった。カギとなるのが柳井正会長兼社長も期待する国内事業だ。

「計画を大幅に上回る水準だった」。14日会見したファストリの岡崎健最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン