/

ヤフー、フリマアプリの手数料下げ 10→5%に

(更新)

Zホールディングス傘下のヤフーは13日、フリマアプリ「PayPay(ペイペイ)フリマ」の販売手数料を10%から5%に引き下げると発表した。競合サービスに比べて出品者の負担を減らすことで、出品数を増やして中古品の取引を活発にする。

20日以降に購入された商品が対象になる。フリマアプリでは従来手数料が最も低かった楽天が運営する「ラクマ」で、販売手数料を税込み3.85%から6.6%に引き上げると2020年12月に発表。メルカリの手数料は10%で、大手3社ではヤフーが最も低くなる。手数料設定が、各社サービスの利用動向に影響しそうだ。

ペイペイフリマは19年10月にサービスを始めた。キャッシュレス決済「ペイペイ」や衣料品通販のZOZOとサービスを連携するなど、利便性を高めてきた。流通総額は公表していない。「コロナの巣ごもり需要もあり、利用は増えている」(同社)という。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン