/

この記事は会員限定です

風力発電、日本は部材に活路 日本精工が中国に工場

[有料会員限定]

日本精工は中国で風力発電機に使う大型軸受けを増産する。新工場を設け現地企業に供給する。東レも風車の羽根に使う炭素繊維を増産する。日本勢は風力発電機の製造からは撤退したが、風車の大型化で耐久性の高い部材への需要は増えている。主力のガソリン車や航空向け事業が縮小するなか、部材メーカーは技術力をいかし再生可能エネルギーに活路を見いだす。

日本精工は中国遼寧省の工場で3つ目の新棟を設けた。今後3年間で30億~50億円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン