/

この記事は会員限定です

バルミューダ上場、「持たざる経営」が家電変えるか

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

家電メーカーのバルミューダは16日、東証マザーズに上場した。初値は公募・売り出し価格(公開価格、1930円)から1220円(63%)高の3150円に上った。開発に注力し、工場を持たない「ファブレス」の形態で固定費を抑制。独創的な機能とデザインの家電を展開し、自社開発・生産の総合電機メーカーに本格的に挑むが、家電市場を変えられる存在となれるか。

「誰も何も考えない」家電業界に風穴

「商品と組織で企業は成り立つ。上場による資金調達は人材や開発などすべて投資に回し、自由な発想の開発を続けていく」。バルミューダ創業者の寺尾玄社長は同日の記者会見でこう語った。

寺尾氏は家電業界を「完全にコモディティー(汎用)化して安くなり、誰も何も考えない」と評したことがある。2003年の設立以降、自然の風を再現する扇風機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2325文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン