/

この記事は会員限定です

「非対面で薬売る」クオールが挑む未来の店づくり

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

調剤薬局大手のクオールがデジタル技術を駆使する次世代店舗の実現に向けて動き始めた。対面を基本とする薬の販売規制の緩和を見据え、ロボットを使う遠隔服薬指導や宅配の準備を着々と進める。薬局は約6万店がひしめき、規制に守られてきた業界だが、米国ではアマゾン・ドット・コムが本格参入したばかり。将来の大競争を生き抜くため、クオールが描く未来の姿を追う。

アバターで来店、画面越しに服薬指導

「見えますか?」「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで独自に取材。「日経MJビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経MJをPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで独自に取材。「日経MJビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン