/

この記事は会員限定です

M&A総合研究所、成約率向上へパークシャと提携

[有料会員限定]

M&A(合併・買収)仲介のM&A総合研究所(東京・港)は、人工知能(AI)開発のPKSHA Technology(パークシャクノロジー)と協業した。パークシャの自然言語処理の技術を活用し、AIで買い手側を探すシステムの精度を上げる。成約率の約10%向上を狙う。

M&A総研は売り手側から相談を受けることが多い。AIを使い、売り手企業の事業内容に沿った企業をピックアップし買い手候補として提示する。ウェブサイト上の事業紹介の情報などを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り441文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン