/

この記事は会員限定です

社会で生きる力を身につけて デジタル教材で学び分析

@EDGE アタマプラス・稲田大輔代表

[有料会員限定]

「小手先の入試テクニックではなく、社会で生きる力を身につけてほしい」。人工知能(AI)を活用した中高生向け学習教材を展開するアタマプラス(東京・品川)の稲田大輔代表はこう語る。

同社のデジタル学習教材は1問ごとの正答率や回答にかかった時間を分析。生徒は自分の得意不得意に合わせた問題演習を進められる。先生はタブレット端末で生徒全員分の学習の進捗状況を確認でき、つまずきが見られる生徒に対して適宜サポー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン