/

コニカミノルタ、遺伝子検査でがんリスク判断

コニカミノルタは12日、社会福祉法人聖隷福祉事業団(浜松市)と共同でがんのリスクを判断する遺伝子検査を始めたと発表した。検診によって、乳がんなどのリスクをあらかじめ把握、早期に対応できるようにする。

米国で同社傘下の遺伝子検査大手、米アンブリー・ジェネティクス(カリフォルニア州)が手掛けるがんの罹患(りかん)リスクを判定する遺伝子検査サービス「ケアプログラム」を日本にも導入する。まずは「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」を対象にする。今後大腸がんや前立腺がんなどにも対象を広げていく方針だ。

利用者はスマホなどでプログラムに利用登録後、チャットボット(自動応答システム)で問診に回答する。遺伝性のがんのリスクが高いと判断された受診者を対象に、カウンセリングや遺伝子検査を実施する。結果に応じて個別に経過観察や予防措置などを提案できるという。

同社によると、乳がん検診の受診率は先進国の中でも低水準だという。あらかじめ遺伝性がんのリスクを把握することで、予防的治療や検査など早期に対応できるようにする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン