/

この記事は会員限定です

JAXA、宇宙開発施設を開放 空飛ぶ車やドローンに

[有料会員限定]

宇宙航空研究開発機構(JAXA)はオリックスグループとともにロケットや人工衛星の研究開発に使う試験設備を民間企業に貸し出す。人工衛星だけでなく、空飛ぶ車やドローンなど幅広い製品の実験や検証での利用を見込む。民間企業の保有が難しい設備を使いやすくし、宇宙開発分野も含め新興企業の事業成長を支援する。

筑波宇宙センター(茨城県つくば市)にある宇宙開発専用の試験設備を民間企業が使えるようにする。大手電機メーカーから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン