/

この記事は会員限定です

AI新興の独コグニジー、日本に本格進出

簡単にチャット機能開発、20言語に対応

[有料会員限定]

人工知能(AI)スタートアップの独コグニジーが日本に本格進出する。20カ国・地域の言語に対応し、AIが自動で回答する「チャットボット」を簡単につくれるのが特徴だ。日本で営業拠点を新設し、大手企業や検疫を担う政府機関などとの契約をめざす。

コグニジーは2016年設立で、ドイツ株価指数(DAX)を構成する30社の約3割が同社のシステムを採用している。このほど日本のベンチャーキャピタル(VC)のグローバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り629文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン