/

この記事は会員限定です

ソニー、チーム「aibo」がEV・ドローンに挑む真の狙い

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ソニーは11日(米国時間)、世界最大のデジタル技術見本市「CES」で2021年春に参入するドローンの機体を初めて公開した。20年のCESでは電気自動車(EV)の試作車を初披露。2つの新規事業に共通するのは犬型ロボット「aibo(アイボ)」の開発チームが主導する点。一見、派手に見える両事業で狙うのは、ハードとソフトウエアの融合という長年の課題だ。

「ソニーのテクノロジーで、クリエイティビティに無限の可能性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1227文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン