/

この記事は会員限定です

ソニー、仮想空間でライブ リアルなアバター再現  

[有料会員限定]

ソニーは11日(米国時間)、世界最大のデジタル技術見本市「CES」で、歌手の立体映像と仮想空間を融合し、実際のライブのように臨場感のある動画の配信を近く始めると発表した。新型コロナウイルスの影響でライブ会場での音楽活動が制限される中、デジタル技術を活用して新常態のエンターテインメント体験を提案する。

歌手のリアルなアバターを合成し、仮想空間でライブ映像を制作できる技術を公開した。米通信大手のベライゾン・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン