/

この記事は会員限定です

ペットボトル再生費3割減 キリン・三菱ケミ共同開発へ

25年にも新工場

[有料会員限定]

キリンホールディングス(HD)と三菱ケミカルは、使用済みペットボトルを低コストで新ボトルに再生する技術を共同開発する。ボトルの設計や素材の合成といった強みのある技術を持ち寄り、従来よりも再生コストを3割下げる。2025年にも工場を稼働させ、再生品の量産を目指す。これまで不十分だった飲料容器での資源循環の徹底につながりそうだ。

ペットボトルのリサイクルには樹脂を溶かして再生する従来の方法と、ボトルを化学的に分解して再利用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン